MENU

今年は妖怪ウォッチの年でした

アニメから始まった我が家の妖怪ウォッチブーム。
知人から「面白いアニメがあるよ」と教えてもらってから見始めたので、最初はゲーム派生作品とも何も知らなかったです。
かわいいキャラクターが大好きな息子、すぐにはまってしまいました。
学校でもすぐに妖怪ブームが始まりました。
我が家はまだ息子にゲーム機を持たせていません。本当は欲しいのだと思いますが、私が普段から口酸っぱくダメだと言っているので、妖怪ウォッチのゲームが欲しいという事は何も言いません。
カードゲーム系、アーケードゲーム系も禁止しているので、妖怪キャラクターの情報を得られるのがアニメだけなのですが、息子は息子なりに工夫してお友達と遊んでいるようです。
つまり、ゲーム機を持っていると思われるお友達から、妖怪のキャラクターの情報を色々と教えてもらって楽しんでいるようです。
最近になって妖怪ウォッチのマンガを買い与えました。息子にとって生まれて初めてのマンガ本だったこともあり、歓喜の雄叫びと共に、すぐにむさぼるように読み始めました。
以来、学校から帰ってきたら読み、宿題終わらせては読み、食事の前後に読むという毎日です。
半年経って主題歌が変わった頃から、学校でも爆発的ブームが落ち着いたみたいですが、秋の運動会で妖怪体操第一を踊っていたので、冬休みの映画公開もありますし、まだまだブームは続くのでしょう。
我が家の現在は、まだまだマンガ本の
ブームは続いています。読み終わったはずの本をもう一度読み直し、その他ゲラゲラ笑っています。
アニメは、習い事の関係でリアルタイムでは見られなくて、結局その日のうちに見ることはほとんどありません。
予定の無い土日に「あっそうだ見てない!」と思い出して慌てて見る、というとが多くなってきました。
キャラクターも、妖怪ですから少々可愛らしくないものも多いので、もしかしたらかわいいモノ好きな息子には合わなくなってきたかもしれません。
でも、ブシニャンとジバニャンのぬいぐるみはいつまでも我が家に居続けるでしょう。

妖怪ウォッチ記事

このページの先頭へ