MENU

妖怪ウォッチのカードとメダル集め

うちの2人の子供たちは妖怪ウォッチのカードとメダル集めに夢中です。ゲームセンターにあるウキウキウィキぺディアというゲーム機で妖怪と対戦して、友達になるとカードにできるといったゲームです。勝ち負けも大事ですが、コツがあり、対戦した妖怪に勝っても、逃げられる場合があります。色々な種類の妖怪をカードにしていく手もありますが、1つの妖怪のレベルを上げていく手もあります。息子は1つの妖怪のレベルを上げていっていますが、娘は色々な妖怪の種類を集めています。レベルが10になる時と15になると時に、カードの色が変わるので息子は色が変わる事がうれしいようです。家は1週間に1度3回カードゲームをさせています。2人なので1週間に600円カードに使います。妖怪メダルはおもちゃ屋とガチャポンで購入できますが、ほとんど売っている事がないほどの人気なので、たまたま売っている時だけ買ってあげています。おもちゃ屋のメダルもガチャポンのメダルも今日売っていても明日は売っていない事がほとんどなので、見つけた時は買う事にしています。少しお金をかけすぎかなと思う事もありますが、上には上がいて、驚くほど集めている子もいます。大抵たくさん集めている子の親は、子供以上に妖怪ウォッチにハマっているという事に気が付きました。大きな専用のカードとメダルを収納できるファイルを持っている子の親は絶対妖怪ウォッチ好きです。何人かいて、話を聞くと、仕事終わりに、1人でウキウキウィキぺディアをやりに行っているとか、子供が学校に行っている時間にゲームをしに行くとか言っていました。確かに、私たちでも面白いと思えるゲームになっていて、私もお金さえあれば、自分でやりたいと思うほどです。子供がハマってカードやメダルをたくさん集めたいなら、親をも取り込む事が大事だと思います。親も楽しむ事ができると、お金をおしみなく出してくれます。我が家も夫が次第にハマり始め、私の他に、自分のお小遣いからお金を出してあげているようです。すごい経済効果だと感心しています。

妖怪ウォッチ記事

このページの先頭へ