MENU

大人も夢中になるゲームです

DSの妖怪ウォッチのゲームがとても面白くて、子供だけでなく親も夢中です。とてもよくできていて感心します。友達と連動して対決やバスターズという協力し合って妖怪を倒すゲームもあり、学校が終わってから、家にみんなで集まってゲームしています。ただゲームをやるだけだとできない事もあり、インターネットでバーコードを読み取らないとできない事や、妖怪メダルや妖怪カードのバーコードを読み込む事でできる事もあります。それが面白いらしく、夫が少しやり過ぎではないかと思うほど、子供以上に夢中です。夫は休日、目覚めた瞬間ゲームを手にしますし、どんなに遅く帰ってきても、ゲームを開きます。夫の友人と久しぶりに会った時、夫以上に夫の友人が夢中になっている事を知り、上には上がいるんだなと思いました。お互い小学1年の息子がいるのですが、家の息子はゲームの中に「永遠トンネル」というのがあるんですが、9000を超えていて、学校の友達の中で1番進んでいると夢中でしたが、夫の友人は400000を超えている事を知り、息子は尊敬の眼差しで見ていましたし、夫はライバル心を持っているようでした。息子は夫の友人からパスワードや妖怪ガシャを回す方法や、バーコードを読み取る方法を教えてもらい、満足していました。購入してから4カ月間毎日ゲームをしていたので、少し飽きてきたところもあったようですが、また新たに知らない事を教えてもらってから、改めて楽しさが増したようで、早くゲームをやりたいがために学校から早く帰って、宿題を済ませています。家での会話はほとんど妖怪ウォッチのゲームの話です。夫が帰ってくるなり息子に「今日何の妖怪仲間にした?」とか「妖怪ガシャで何ゲットした?」など聞くと、息子は待ってましたと言わんばかりに、嬉しそうに答えます。もう少し学校の出来事なども話してほしいところもありますが、コミニケーションがとれているので良しとしています。

妖怪ウォッチ記事

このページの先頭へ