MENU

すべて妖怪のしわざ

小学校低学年の姉が妖怪ウオッチにはまっています。娘は昔からテレビアニメにはまってもグッズ系を集めたりするタイプではないので、家じゅうにジバニャンがあふれるということはないけれど、みんなが集めているのに感化されて、妖怪メダルを欲しがるので入手が大変です。妖怪ウオッチのオモチャも持っていないから、メダルを並べて遊んだり、友達が遊びに来た時に、こんなの持ってるんだよ〜と見せるだけだから、私もそんなに必死に買いに走ってはいませんが、たまたま居合わせた電気量販店やスーパーでメダルを見つけたら買って、何かのご褒美やサプライズプレゼントに利用しています。ファンブックにもメダルがついていると知って、見かけたら買っていましたが、人気が過熱しているからか、ブックにメダルがついていることが知れ渡ってきたからか、発売前に予約しようとしても難しい状態になってきました。ネットのお店を見ると、予約状態でも定価の2倍〜3倍の価格で設定されていて、子供のおもちゃなのにひどいなぁとうらめしく思ってしまいます。映画のチケットも、前売り券を買ったらメダルがついていると聞いて、発売開始の当日に買おうと思ったら、朝起きてみたらもう、前日からならんだ人で終了して、朝の5時からならんだ子供が泣いているというニュース!え、それじゃあうちはもうダメじゃん。と我が家はあっさり諦めてくれましたが、どうにもモヤモヤが残りました。転売目的で前売りを買った人もきっと多いだろうし、メダルは映画を見た人にだけプレゼントという、来場者記念にしてほしいですね。最近は姉の影響をうけて、トーマス大好きだった弟も妖怪ウオッチに興味をもちはじめました。姉に絶対服従な弟は、まだ妖怪ウオッチはお姉ちゃんのものと思っているので、やっぱりグッズは欲しがらず、妖怪ウオッチ系のオモチャを見かけても、お菓子も「お姉ちゃんに買ってあげたら〜?」と言いますが、アニメだけはテレビにかぶりつきで見ています。そして、「む〜り〜(ムリカベ)」とか、「ウッソー(妖怪USO)」とかそんな言葉ばかり覚えてみたり、リモコン隠しという妖怪のマネをして、家じゅうにテレビのリモコンを隠して親を困らせています。うーん。妖怪ウオッチ。おそるべし。

妖怪ウォッチ記事

このページの先頭へ