MENU

大ブレイクの妖怪ウォッチ

3歳の娘が妖怪ウォッチにはまっています。妖怪体操の曲を聴きながら一生懸命げらげらポーの振り付けを練習しています。妖怪ウォッチにはまったきっかけは幼稚園でおどっている園児が増えたからです。はじめ私も知らなかったので、なんだか不思議な踊りをしていると思って見ていました。テレビで放映していることを聞いてから、なるほどこれは流行りそうだと思いました。踊りも簡単でリズムが耳に残りやすかったからです。妖怪の種類がたくさんある中で、私の周りでは一旦ごめんが流行中です。親に怒られたりすると「ごめんごめん、いったんごめーん」と当たり前のように使います。反省などしておらずただ笑っていうことが多くなりました。なにか忘れ物をしたりすると、妖怪の仕業だという子供が増えたと聞きました。なんでも妖怪の仕業にすれば、笑ってごまかせると思うのでしょうか。子供ながらのジョークなのかもしれません。うちの娘も一旦ごめんのフレーズが大好きで、よく使うようになりました。最近私の周りには、妖怪メダルと時計をしている子がふえました。以前は、全く手に入ることがなかったそうで抽選で購入できるそうですがなかなか当選しないと聞きました。手に入れることが以前は大変難しかったそうですが、今もその状態はまだ続いているそうです。かといって、近所に時計を2つも持っている子もいるので本当に入手困難状態なのかよくわかりませんが、大半のお母さんたちは入手するのは難しいと話していました。うちの娘は、時計はまだ欲しがりませんがメダルを集めることが大好きになりました。メダルの種類がたくさんあるので同じものをかぶらないように集めるのは大変だと思います。メダル事態も購入は難しいそうです。ガチャガチャもあるそうですが、なかなか当たらないと聞きました。お店に行けば、妖怪ウォッチのキャラクターグッズが所せましとならんでいて本当に妖怪ウォッチブームがきているのだと実感します。テレビをみても妖怪ウォッチのキャラクターが出ていたり、音楽が流れていたりと今年の大ブレイクだと思います。

妖怪ウォッチ記事

このページの先頭へ