MENU

妖怪ウォッチのゲームは大人のゲーマーでも楽しめる

妖怪ウォッチ2をプレイしていますが、実に見事なゲームバランスです。ジャンルとしてはRPGなのですが、複雑すぎないストーリーや、読みやすい書体、ナビ機能のおかげで子供でも充分にプレイすることができますし、クリア後のボスの難易度やメダルの収集といったやり込み部分は、大人の慣れたゲーマーでも一筋縄ではいかない仕様になっています。つまり親子で楽しめるゲームに仕上がっているのです。我が家では、私と5歳の娘が主にプレイしていますが、私はやり込みを楽しみ、多くの妖怪を集めて最強のパーティを目指して遊んでいます。娘はおまけ要素である妖怪メダルの着脱で、妖怪を召喚して遊んでおります。もちろん二人とも何の不満もなく、このように一本のゲームで、人それぞれ全く違う楽しみ方ができるゲームはそうそうないので、社会現象とまでなっている点も納得できます。現在妖怪ウォッチ2はダウンロード版も含めて複数バージョン発売されているので、購入を検討している方は迷ってしまうかもしれませんが、それぞれによる違いは、パッケージに付属されている妖怪メダル、仲間になる妖怪、イベント、オープニングの主題歌です。どれがオススメというのもないので、好みで選べばいいと思います。確かに複数購入する事で、できる事がどれだけか増えるのですが、複数買わなければ存分に楽しめないといった仕様ではないので、余程やり込んで全てコンプリートしたいという考えの持ち主でなければ、一本でも充分だと思いますし、我が家でも購入したのは元祖だけです。また、クリスマスシーズンが近づいていますし、プレゼントとして妖怪ウォッチ2の購入を検討されている両親の方の為に、一つ情報をお伝えしておきます。12月13日に、バージョンとして3つとなる妖怪ウォッチ2真打が発売します。過去の2バージョンでどうやっても仲間にならない妖怪が仲間になったり、年末から上映される映画のエピソードに繋がるイベントも用意されているので、初めて購入する方は、せっかくなら新発売となる真打を検討するのがいいと思います。

妖怪ウォッチ記事

このページの先頭へ