MENU

妖怪ウォッチに大ハマりの息子

妖怪ウォッチものすごく流行っているみたいですね。
私が初めて知ったのは息子が通う幼稚園のママ友に教えてもらったことがきっかけでした。
どうやらそのママ友のお子さんが大好きだとか。そして泣く子も黙るアニメだとか。正直わたしは流行に疎い方ですから全く知りませんでした。
息子もまだ4歳でNHKの子ども向け番組しか見せていなかったのです。
その話を聞いてからワイドショーや朝の情報番組でどうやら本当に全国的に妖怪ウォッチが流行っているらしいということを知りました。

 

息子が妖怪ウォッチを知ったのは主人の母親からプレゼントで妖怪ウォッチのおもちゃを贈ってもらったときでした。
義母は田舎に住んでおり、地元のおもちゃ屋では品切れすることなくすんなり手に入ったようです。
話に聞くとだいたいは仮面ライダーの変身ベルトのように並んで手に入れるものらしいですね。
息子はそのおもちゃの妖怪ウォッチを、はじめは音が鳴り、光を発するおもちゃとして息子は楽しんでいたようです。
そこで妖怪ウォッチのアニメをみせたら喜ぶだろうか、それともまだ興味を示さないだろうかと思い試しに視聴させてみました。
今まで妖怪ウォッチについて予備知識のなかった息子でも一度見たら釘付けでした。
そしておもちゃの妖怪ウォッチを探し出しそれを腕にはめてテレビを見続けていました。
1歳の娘も一緒になって見ていました。

 

わたしがびっくりしたのは親の世代でなければわからないようなネタでも子どもは受けるんですね。
息子はまだディズニーの長編アニメ等は興味はないのですが、このように子ども向けのアニメはいろんな子どもが夢中になるように作られているので感心しました。
一度アニメを見てからは街で妖怪ウォッチのキャラクターを見ては興奮しています。
スーパーのお菓子売り場でも関連グッズがあるのでそこから引き離すのが大変です
しかし息子はまだ妖怪メダルがたくさん種類があるということに気づいていないので親としてはほっとしています。

妖怪ウォッチ記事

このページの先頭へ