MENU

妖怪ウォッチ大好きな息子

小学校3年生の息子が妖怪ウォッチにはまったきっかけは、今年の5月ごろ、学校で話題になっていて、お友達が妖怪ウォッチのDSを持っていて、それを見てますます興味をもったことからです。それからアニメを見始めたら一気にはまってしまい、毎回録画をして繰り返し見るようになりました。その後、7月に新しい妖怪ウォッチのDSソフトが出たら自分のおこずかいですぐに購入し、今まではまっていたポケモンXYのDSソフトには見向きもせず、一日中妖怪ウォッチのDSをやるようになりました。ほとんどのお友達も妖怪ウォッチの新しいソフトを購入にており、誰かの家に集まってはみんなで妖怪ウォッチのゲームをしているようでした。しばらくはDSのゲームとアニメだけで満足していたのですが、そのうち妖怪メダルにも興味を持ちだして、メダルが欲しさにコロコロコミックスを購読するようになりました。妖怪メダルを購入しようと思ってもなかなか売っていないので、リサイクル屋で中古のメダルを高いお金で購入したり、家電量販店の販売告知にあわせて並んで購入したり、なかなか苦労しています。妖怪メダルの発売日当日に行っても抽選販売だったり、すでに完売していることがざらで、息子の買い物に付き合う私は、なんでこんなメダルごときにこんな苦労しなければならないの~、もっと量産を増やして供給してくれればいいのに~、と恨み節になったりしました。どうしてこんなに在庫がないのか、不思議です。それだけみんなが購入しているということなのでしょうが、もうちょっと供給する側も考えてほしいです。12月上映の映画の前売り券についていた妖怪メダルの件もそうです。メダル欲しさに妖怪ウォッチのコミックを購入したり、ドリーム5とブリー隊長のCDを購入したり、妖怪ウォッチにはまってからまだ半年ぐらいしか経っていませんが、かなりのお金を費やしてしまっています。もうすぐ新しい妖怪ウォッチのDSのソフトも購入する予定です。

妖怪ウォッチ記事

このページの先頭へ